散骨をする際は近隣住民の理解を得ることが重要

subpage01

現在、亡くなった人の埋葬方法はいくつかありますがその中でも特に頻繁に行われているのが散骨です。

生前に希望した場所やなくなった人と関係が深い場所に粉砕した骨を撒くという方法ですが、一般的な埋葬の方法と比べて注意点が多いということはあまり知られていません。粉砕した骨はどのような場所に撒いても良いというわけではないので、散骨をすることが決まったら骨を撒く場所に行って許可を取る必要があります。



特に、周辺に民家がある場合は注意が必要です。


骨が粉砕されていて、撒いた後も残らないということが分かっていても、自宅の周辺に粉砕した骨を撒くことに抵抗がある人もいます。


場所によっては、管理をしている人が存在している可能性があるので、事前に相談せず散骨をしてしまうと管理人や近隣住民との間でトラブルになってしまう恐れがあるので注意が必要です。


場合によっては法律に違反することもあるので、あらかじめ細かい部分まで確認しておくことを怠らないようにしましょう。散骨に反対する人がいる中で行うのは、亡くなった人や遺族にとっても気持ちが良いことではありません。
故人をきちんと見送るために、すべての近隣住民が理解してくれるまでは行わないようにすることが大切です。
最近は散骨をサポートしてくれる業者の数が増えています。



遺族だけで近隣住民の理解を得ることが難しい場合は業者の力を借りることをおすすめします。



トラブルを防ぐために、事前の調査を慎重に行いましょう。