散骨の方法と注意点について

subpage01

一般的に遺骨は墓地に埋葬されますが、海や山などに砕いた遺骨をまく散骨という葬送方法も存在します。近年では、海洋葬や樹木葬、宇宙葬など専門とする様々な業者が参入し、自然に近い形の葬送方法を望む人々の関心が高まっています。


墓地への埋葬と違い、散骨は法律で認められていないのではと考えられることがありますが、墓地・埋葬等に関する法律では特別な規定がありません。遺骨を勝手に埋めることは遺骨遺棄罪にあたり違法ですが、葬送のために節度を持って行うことは違法に当たらないと法務省が見解を表明しています。散骨の際に注意するのは、遺骨を粉末状に細かく砕き、遺骨をまく地域の理解を十分に得ることです。



また、自然環境にも配慮しなければいけません。



自分の土地以外の場所で行う場合、必ず地主や自治体の了承を得ることが必要です。
遺骨の取り扱いについては、個人が様々な意見を持ちます。

亡くなった家族や親戚など、近しい人の理解を得てから行いましょう。
散骨を行うのに、特に必要な届出や書類は用意しなくて問題ありません。



しかし、すでに遺骨がお墓に埋蔵してある場合は、墓地の管理者に了承を得て遺骨を出してもらいましょう。

海や山など自然豊かな場所を希望する人が多くいますが、周囲の人の理解が得られれば自宅の庭のように身近な場所で行っても問題ありません。

場所探しが難しかったり、遺骨を砕くのに抵抗がある場合、専門の業者へ依頼してサポートを行ってもらいましょう。