散骨は自分でできる?その仕方とは?

subpage01

散骨とは、亡くなった故人の遺骨を火葬した後に、細かく粉状にして海や山に撒くことをいいます。

骨を撒く場合は、お墓を用意する必要がなく、故人の好きな場所に撒くことができます。



費用を安く抑えることができ、お墓の継承問題などから解放されるメリットもあります。
お墓を継承することが難しくなり、墓じまいの為に遺骨を取り出して、散骨をする人も増えてきています。散骨をしたい場合は、それを行っている葬儀場やサービスにお願いしましょう。



骨を撒くときに、骨の形状が残っていると、遺骨遺棄罪に問われる可能性があります。

遺骨は2?以下の粉状にしないといけません。
粉状にする作業は思った以上に大変なので、代行してくれる業者に頼む選択肢があります。



料金の相場は大体5万円前後となりますが、業者によって違うので事前に確認をしましょう。

散骨は自分で行うことも可能です。火葬後の骨を粉状にすれば、撒くときに許可は特にいりません。
現在の日本では散骨をすることは、合法でも違法でもない状態です。
自分で行えば、費用も特にかかりません。
しかし、私有地に骨を撒く場合は許可を取る必要があります。

陸地で行う場合は、誰の土地であるかをよく確認して、トラブルにならないようにしましょう。


基本的なマナーはきちんと守る必要があります。


骨を撒くことでお墓は必要ありませんが、その後の供養の時に困る場合があるので、遺骨の粉の一部を手元に残す方法もあります。

故人の希望にそった供養を行いましょう。