散骨マナーはとても大切

subpage01

自然葬の中でも『散骨』『樹木葬』は今とても注目されています。



『思い出の場所に散骨してもらいたい』、『自然に囲まれていたい』また『お墓のトラブルを経験している』など理由は様々ですが、『子どもたちにお墓の維持で負担を掛けたくない』『先祖代々のお墓に入りたくない』などの考えも加担しているようです。樹木葬では、宗教や宗派が不問であるところが多く、承継しなくてよいことも人気が高まっている理由と考えられます。
散骨では、遺骨を粉骨してから撒くことで法的な制約はありませんが、2?以下の粉骨にしないと『遺棄罪』という犯罪にあたることになるため、マナーと共に十分注意が必要です。

散骨は制約がある場所や地域を除けば、どこにでも撒くことができますが、その分マナーをわきまえることが大切です。思い出の場所であれば、その土地の所有者や近隣の住人の許可を得なければなりませんし、海であっても水源や養殖場などがある場合には避けなければなりません。

故人の希望を叶えるだけでなく、なおかつ安心して眠ってもらうためにも事後に問題となるような行為は絶対に避けましょう。
海への散骨は、水溶性の紙袋に入れたまま投じることで飛散を防ぐため、遺骨を直接撒くことはしないのです。



イメージとしては直接撒いているかと思われがちですが、飛散した場合に船への影響を考えると迷惑を掛けることになってしまいますので、トラブルを起こさないためにマナーを守ることが必要なのです。


また、粉骨することは考えている以上にきついものです。


自分で行うこともよいですが無理をせず、業者に依頼することも考えておく必要があります。