海に散骨をする場合の注意点

main-img

昔に比べると、亡くなった人の埋葬の方法は幅広くなりました。故人が生前に希望していた方法や遺族が希望する方法によって埋葬の方法を選択することができます。
いくつかある埋葬の方法の中で、特に多くの人が利用しているのが散骨という方法です。

亡くなった人の遺骨を専用の機械で粉砕して、粉にしてから希望の場所に撒きます。

粉になった遺骨はどこにでも撒けるわけではないので注意が必要ですが、可能な限り故人や遺族の考えを尊重して行います。
散骨をする場所は様々ですが、特に希望が多いのが海です。

陸地に骨を遺骨を撒くとしばらくの間はその場所に残ってしまうので、近隣住民から理解を得るのが難しいですが、海の場合遺骨はすぐに流されてしまうので、景観を悪化させることはありません。

しかし、海で散骨を行う場合は陸地で行うときとは異なる注意点があります。

注意点を知らないまま行ってしまうと、周りの人に迷惑をかけてしまうだけではなく、法律に違反してしまう恐れがあるので、必ず事前に注意点を確認しておくようにしましょう。



注意点はいくつかありますがその中でもっとも注意しなければならないのが、散骨を行う場所選びです。



海岸の近くは海でレジャーを楽しんでいる人がたくさんいるので、遺骨を撒くという行為に不快に感じる人がいます。

できるだけ人の少ない場所を選んで、遺骨を撒いていることが分からないように喪服ではなく私服で参加するようにしましょう。



海で散骨をすることに不安を感じている場合は、専門の業者に相談することをおすすめします。

知りたい社会事情

subpage01

散骨とは、亡くなった故人の遺骨を火葬した後に、細かく粉状にして海や山に撒くことをいいます。骨を撒く場合は、お墓を用意する必要がなく、故人の好きな場所に撒くことができます。...

more

注目情報

subpage02

自然葬の中でも『散骨』『樹木葬』は今とても注目されています。『思い出の場所に散骨してもらいたい』、『自然に囲まれていたい』また『お墓のトラブルを経験している』など理由は様々ですが、『子どもたちにお墓の維持で負担を掛けたくない』『先祖代々のお墓に入りたくない』などの考えも加担しているようです。...

more

皆が知りたい情報

subpage03

現在、亡くなった人の埋葬方法はいくつかありますがその中でも特に頻繁に行われているのが散骨です。生前に希望した場所やなくなった人と関係が深い場所に粉砕した骨を撒くという方法ですが、一般的な埋葬の方法と比べて注意点が多いということはあまり知られていません。...

more

よく解る情報

subpage04

一般的に遺骨は墓地に埋葬されますが、海や山などに砕いた遺骨をまく散骨という葬送方法も存在します。近年では、海洋葬や樹木葬、宇宙葬など専門とする様々な業者が参入し、自然に近い形の葬送方法を望む人々の関心が高まっています。...

more